ゆるゆる子育てライフ

楽しく生きるをモットーに、今年は自分と向き合いたい。2児の母です。

心療内科受診 7回目

二週間前のことですが、病院へ行ってきました。


生理が近づいてくると、朝起きた瞬間からイライラしていたり、物を落としたとか、本当に些細なことでキレたりする、と話しました。


その後、自分の母親の話になり、神経質で心配性だから、

ちょっとした怪我でも大袈裟に騒ぐ。

深い意味はないのに、私の発言を否定的に捉えて怒る。

友達とカラオケに行きたくても、
「お母さんは嫌だな。」と言われる。

結局母の気持ちを察して、行くのを断る。


そんな、母親の機嫌を伺いながら生活する一方で、中学頃から反抗期がはじまり、

「外を歩きたくないから車で送って。」

と言うと毎朝送ってくれたり

バイトはしていたけど、ものを買うときにはお金をもらったり(千円単位で)

かなり甘やかされていました。


そして私は、「何を言っても言う事を聞く親だ」と思っていました。


私は、親の姿を友達に見られる事を極度に恐れていたので、迎えに来てもらっても

「ここまで来るなよ!」

とキレたり、わがまま言い放題でした。


父親は、楽観的で感情的になることがほぼなく、普通の人。

子育てに口を出す事もなく、週末はしっかり家族サービス。

普通の父親で、特に印象がありません。

でも、母が父のことを「短気だ短気だ」と常に言っていたので、「短気なところもあったかな」とも思っています。

短気と言っても、むすっとしてるくらいだけど。

そして、母が父を責めているときに、私が「もういいじゃん、そんな事。」と仲裁に入ると、

「いつもお父さんの味方ばっかりする!」

と、母の怒りをさらにエスカレートさせるだけでした。

父親には、「お前は余計な事言わなくていい。」と邪魔がられ、その時から親のことはあまり好きではありませんでした。


高校生になって、友達が家に来ても、出前をとったり、次から次へと食べ物を持ってきたり、おもてなしの気持ちはありがたかったけど、友達は完全に引いていました。

そういう事もあり、「恥ずかしい親。だけど自分の言う事は聞くから使う。」という感覚になっていました。


今となっては、まるで自分の執事かのごとく両親をこき使っていたことや

使いもしない教材に大金を払わせたり、弟までイライラを発散させる対象にしてしまって、

反省と、その償いをしなければ、という気持ちがある。

両親は老け込んで、貯金も底をつき、可哀想だ。
私が親を不幸にした。

そう思っている、と話しました。


先生は、

「なんでそんな風に刷り込まれちゃったのかなあー。

あなたは自分の家族のことだけ考えればいい。

両親を背負うなんて無理ですよ。弟まであなたがめんどうみなきゃいけなくなる。

イライラしたときは、暴れる前にすぐリーゼを飲んでください。

また次回、続きを話してください。」


今回はそれで終わりました。



理想の親だと思っていた自分の両親。

いまの生活苦を見ていると、つらくて仕方がない。

絶対自分のせいじゃないか。

弟が未だにニートなのもそう。
私が彼を追い詰めて、動けなくさせたんだ。

それなのに実家の家族を見捨てるなんて出来ないです。