ゆるゆる子育てライフ

楽しく生きるをモットーに、今年は自分と向き合いたい。2児の母です。

非定型うつ病

今日は、朝から下の子にキレてしまった。

窓が開いているのも、近所の子が通学する時間帯、お母さんたちがゴミ出しする時間帯なのもわかっていて、それでも大声で汚い言葉でキレてしまった。

いつも、後になって後悔するし、

どうして気付いた時に止められないんだろう、と思う。


親が私のような親だったわけではない。

小さい頃からキレやすかったわけでもない。

はじまりは中学生の頃くらい。

キレることで、今まで使ったことのないような言葉で大声を出すと、すっきりして満足感が得られたのは覚えている。


今日はカウンセリングの日だったのだけれど、身体が重くて、眠くて眠くて、話したいこともないような気がして、気付けば寝てしまっていた。

起きたらあと5分で開始の時間。

諦めて電話を入れて、また寝た。

ようやく動き出せたけど、まだ身体は重い。

まぶたが自然と下がってくる。


私は虐待をしていて、それをやめるためにカウンセリングを受けている。

なんで自分がこんな性格になってしまったのかも理解したい。

親も、環境も悪くなければ、なにがいけなかったって言うのだろう。


いつも、不安になるとネットで調べる。

虐待する夫の相談などが出てくる。

自分のしていることは、客観的に見たらこんなにひどいことなんだ。

周りの人は、私の子供をすごく可哀想な目で見るんだろう。


私は、うつとか、心の病気とかに、理解がなくて、そんな病気の存在は認めたくないし、ただの甘えだと思っているけれど

調べると、非定型うつ病にぴったりあてはまる。

病院の診断は正しかったのかな。

自分がうつだと認めなければ、治るものも治らないってことなのかな。


仕事をしてる時は楽しい。

お酒を飲んでいれば楽しい。

気を許せる人と一緒にいれば楽しい。

明るい、楽しい。

そう言われる自分が、うつだって、どうやって認めればいいんだろう。

何かの間違いだとしか思えない。


だけど、暗いところや深く落ち込むのだって事実だ。

やっぱりカウンセリングだけでなくて、心療内科に行くべきなのかな。

こうやってうじうじしている間に、子供達はどんどん大人になっていってしまうじゃないか。

情けない。悲しい。