ボーターからの回復をめざして―本当の私を取り戻す―

都内で働く6歳(小1)4歳(年中)2児の母。境界性パーソナリティ障害(BPD)、自閉スペクトラム症(ASD)、HSPの傾向があります。目標は生き辛さの解消。※ブログ整備中。見辛くてすみません。

目に入るものすべてが敵に見える一日

昨日の夜寝られず、案の定寝坊。

そのせいで、9時からの職場の勉強会に遅刻。

遅れて参加しようと思ったけれど、人が多くて部屋に入りきらなさそうだったから諦めた。

しかも今日最終回。

自分が遅刻しただけなのに、勝手に疎外感を感じる。

 

その後も、いつも話す人にスルーされた気がするとか、些細なことでイライラ。

だんだんと、目に入る全ての人が敵に見えてくる。

 

イライラの感情を抑えようとする自分がいるのはわかるんだけど、抑えきれない。

誰とも喋りたくない、目を合わせたくない。

ひとりになりたい。

誰もわたしの視界に入ってくるな。

そんな気持ち。

 

結局中立派の自分は負けて、怒りと悲しみが混ざったような複雑な気持ちのまま急いで帰宅した。

 

子供の保育園の先生にもイライラする。

日々、挨拶しても返事がない先生が多いことなどで、全ての信頼が失せている。

普段ほとんど怒られない子供が、珍しく先生に怒られた、と話していたので理由を聞くと、友達におもちゃを渡そうとした時に別の子とぶつかってしまったらしい。

走ってたの?と聞くと、走ってない。

わざとやったんじゃない?と聞くと、わざとやってないという。

先生に、わざとじゃない、って言った?と言うと、「わざとぶつかってない」って言ったのに先生に「わざとやったんでしょ」って言われたらしい。

 

別に、我が子を擁護しようとしてるんじゃない。

状況は見てないからわからないけど、もし子供の話が本当だったら、なぜわざとやったって決めつけるんだろう、と思う。

これが、姉の通ってる保育園の話だったら、そういうこともあるよ、って言える。

園自体に信頼感を持っているから。

でも、下の子の園には信頼がないから、悪い方に疑ってしまう。

イライラする。