ボーターじゃない

都内で働く6歳(小1)4歳(年中)2児の母。境界性パーソナリティ障害(BPD)、自閉スペクトラム症(ASD)、HSPの傾向があります。目標は生き辛さの解消。※ブログ整備中。見辛くてすみません。

一本、軸を決めた話

 

 

ブレる 

あの人は多分私のこと嫌いだからもう辞めるしかないな。でもここで一瞬でも正社員にならなきゃまたキャリアは振り出しに戻るな。自分を強く持たないとやってらんない。何で私には話してくれないの?自分だけ飲み会誘われてない。嫌われてるの?ブスだな自分。なんでそんな目で見るの?可愛い子はいいなあ。

 

もう…この短い一日の中で、どれだけ気持ちが振れるんだ、ってくらい両極端に行ったり来たりするので、もう軸を決めることにしました。

 

 

「負けない」

大手企業に所属している以上、精神的に追い詰められることはあっても、今すぐ辞めろと言われる可能性は低いと仮定して、「負けない」を軸に生きていこうと思います。

 

勝たなくていいから負けない。

悲しくても、辛くても、負けない。

 

契約社員の一個人が大企業相手に変に攻撃に走ったところで、たぶん企業側が何かを変えることってないです。

職場の人間関係でもそうで、うまくいかないから壊してやろうっていう破壊衝動が私は良く起こるから、長期的な人間関係がつくれずにきました。急に距離を置いたり、相手を批判したり、自分の正当性をぶつけたり。でもそれって、ある意味勝つか負けるかの賭けに出ているようなものです。しかも、98%負けます。

 

心の根底に「勝ちたい」「いちばんになりたい」「私の方が正しいんだってわからせたい」

それがあるからキツイ。

誰かが私のことを批判してきたり仕事を辞めさせようとしてくるなら、うんうん聞きながら辞めなければいい。

人の揺さぶりによって、自分の居場所を易々と明け渡すことがなければいい。

自分の信念とか、正しさとかあるけど、それを主張せずとも持ち続ければいい。

 

殺さずに育てる

今まで、ずっと全力で戦って勝とうとしてきました。不謹慎な発言になりますが、特攻隊のようにぶつかって、何度も自滅してきました。そして、そこから蘇生するのは出産のごとく命懸けで大変でした。

しかも、毎回赤ちゃんから再出発するので、やっと成人したと思うとまた自滅して、生まれて、育って、自滅して。

 

もうちょっと自分を育ててあげてもいいんじゃない?と思って、そのためには勝とうとしない。負けないことだな、と思いました。

 

今日も負けずに仕事してきます。