ボーターからの回復をめざして―本当の私を取り戻す―

都内で働く6歳(小1)4歳(年中)2児の母。境界性パーソナリティ障害(BPD)、自閉スペクトラム症(ASD)、HSPの傾向があります。目標は生き辛さの解消。※ブログ整備中。見辛くてすみません。

心療内科受診 8回目

もうこの先生のところには来たくない、と改めて思った。

時間ばかり気にして、私が前に話したこともほとんど覚えていない。

 
昔はああだった、こうだった、と、私のそんな話を聞いて何になる?
私の過去の話なんか聞いたって、先生にはなんのメリットもない。
先生にとっては、私の話なんて、くだらなくて、小さな、どうでもいい悩みなんだろう。
 
親との関係や自分の行動を、思い返してメモをしたって、何の意味もない。
私の行動も、思考も、何もかも無駄なんだ。
 
病院に通って性格が治るわけないんだ、やっぱり。
 
私が馬鹿で、騙されてたんだ。
お金を取られただけ。
 
結局私は今の私でしかいられない。
 
もう逃げ道がない。
 
リモコンを投げた。壊れたかもしれない。
 
段ボールを床に叩きつけた。
 
何も変わらない。
 
夫と子供たちに軽蔑されただけ。
 
 
みんな敵だ。